■ サンタマリア病院の取り組みにつきまして ~各種委員会

  >> 常に最良の医療環境を提供するべく私達は取り組んでいます!

■  管 理 運 営 委 員 会
病院全般の管理事項、特に人事予算及び諸会議の協議事項について決議します。
【 委 員 長 】田 中 院長 【 副委員長 】菅 事務長
■  病 棟 運 営 委 員 会
病棟の運営を円滑に行い運用努力をもって患者収容を容易にします。
【 委 員 長 】有 木 看護師長 【 副委員長 】菅 事務長
■  医 局 会 議
医局医師と他部署との連絡を蜜にし、日常診療の効率化を図ります。
【 委 員 長 】田 中 院長 【 副委員長 】菅 事務長
■ 医 療 安 全 管 理 委 員 会
 患者様が安全に医療を受けることが出来るように病院全体で医療事故の防止に取り
組んでおります。委員会では医療事故防止のために業務管理体制の見直し、ヒアリハ
ットレポート(事故を未然に防げた事や患者様へ実害の無かった例の報告)、事故報
告書による情報収集やその公開・分析・分析の立案、院内研修会の開催などを行います。
  患者様中心の安全で質の高い医療看護サービスを提供できるように委員会を中心と
してサンタマリア病院全スタッフが安全管理に対する意識を常にもって日頃の医療看護
に勤めています。
【 委 員 長 】田 中 院長
■  倫 理 委 員 会
当院では臍帯血ドナーバンクの協力病院です。主にその活動について話し合われます。
【 委 員 長 】田 中 院長 【 副委員長 】菅 事務長
■  薬 事 審 議 委 員 会
新薬の採用等、薬事に関する方針を協議し、必要ならば勉強会も企画します。
【 委 員 長 】田 中 院長 【 副委員長 】小 原 薬局主任
■ 院 内 感 染 防 止 対 策 委 員 会
 院内感染の代表的な病原体として「MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)」が
あります。「MRSA」は普段、健常者にも常在菌として持っている方が多く、病原性
は弱いのですがベビーや抵抗力の弱っている老人の方等に感染すると感染症を引き
起こす可能性があり、死亡する場合もあります。
  当院では感染症を引き起こす様々な病原体が院内で蔓延しないように当委員会で
話し合っています。
【 委 員 長 】田 中 院長 【 副委員長 】岡 田 医療技術部部長・臨床検査技師
■ C S 委 員 会
 当院でのCS委員会はサービス業などにおけるCS:Customer Satisfaction(顧客
満足)の概念を取り入れ、旧態依然としていた病院体質を打破し、我々が「患者様を
満足させる医療」ではなく「患者様が満足される医療」という「患者様主体の医療」
を追求し、実践して行くために創設されました。
  ここでPS:Patient Satisfaction(患者満足)の方が的確な表現ではないのか?と
お気付きになった方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら妊婦様や健診受診
者様は厳密に言えば「患者」様という範疇にはおられません。また、お見舞いにい
らっしゃったご家族などの病院利用者も「患者」様ではありません。
  私達は「Customer」・「全ての病院利用者」と広義に捉え、ご来院いただきました
皆様にご満足いただくことの出来る病院を目標としています。
【 委 員 長 】菅 事務長 【 副委員長 】茂 山 鍼灸師
■ 栄 養 委 員 会
 入院患者様の栄養管理、栄養科において患者様の満足度を上げるための取り組み
方法の提案や審議、そして他部署との意思統一を図るための場として栄養委員会を
行っています。この委員会によって、患者様がより快適な入院生活を送れるように
審議することが目的です。
【 委 員 長 】田 中 院長 【 副委員長 】島 﨑 管理栄養士
■ じ ょ く 瘡 委 員 会
 入院患者様にじょく瘡(床ずれ)が発生しないようにマットの選定や予防策
を立てたり、じ ょ く 瘡 (床ずれ)のある患者様へはどのような治療看護を
行えばよいか検討します
【 委 員 長 】田 中 院長  【副委員長】三 浦 看護部主任