■ 各医療技術部のご紹介

■ 各医療技術部・科の詳細 ■  

>>栄養科 >>鍼灸 >>検査室 >>放射線科 >>薬局

 ■栄養科のご案内

 ★ 患者様の健康状態から最適な栄養バランスを指示!
        → 栄養に関しますご質問はお気軽に栄養士まで。

○ 栄養指導(随時実施)
・妊婦様の栄養と食事についての指導  ・体重管理や貧血などの指導
・生活習慣病の予防及び改善について  ・食物アレルギー指導
・離乳食の進め方指導 ・入院時の食事についての説明
・疾患についての指導
○ 食事診断カルテの作製
 人間ドックを受けた方に食事診断カルテをお渡ししております。普段の食生活で気をつけると良いアドバイスなどをしております。
○ 入院時の食事、栄養管理
・ 療養型患者様には
# 患者様がおいしくお食事を召し上がって頂けるよう心がけており、できる限り個人 対応をして入院生活の満足を得られるよう努力しております。
 ■針灸のご案内

 ★ 主治医の指示により患者様の治療に必要な鍼灸療法を施行。
        → 針灸に関しますご質問はお気軽に鍼灸士・茂山まで。

■ 鍼灸の内容
★治療時間は症状にもよりますが20分~1時間程度、週1,2回前後治療を10週で1セットとしております。
★逆子治療にも鍼灸は有効です。
■ 鍼灸の詳細
○ はり/きゅう治療とは
 はり/きゅう治療:はり治療とは、太さ0.16mm~0.20mmの細い金属を身体に刺入することで、主に筋肉の緊張緩和や、消炎、鎮痛を目的とした治療法です。また、きゅう治療はもぐさ(ヨモギの線維質)を燃焼させ、温熱刺激、ヨモギに含まれる精油成分(チネオール)によりアロマ効果などを利用し、治療を行うものです。その機序を説明するものに、脊髄レベルで「痛覚」の情報がコントロールされる。という古典的な理論をはじめ、神経の作用により、脳内での鎮痛物質が働くから。あるいは、施術部位で遊離する白血球が増えるから。などといった事柄が近年の研究結果より明らかになっています。
○ はり/きゅうの歴史
 はり/きゅう治療には大別して、3つの流れが考えられます。1つ目はより科学的な観点に則し、治療を行うもの。(トリガーポイントを中心に鍼灸を行う、スポーツ鍼灸など)2つ目は仏教とともに日本に伝来した治療法に則り治療を行うもの。(しかしながらこの治療法は、明治維新と第2次世界大戦後の動乱期に衰退し、現在行われている治療法はその亜流とも考えられます。)3つ目は、現在の中国政府の「中西医結合(中国の伝統的治療法と西洋医学の融合)」という施策によって再編された「中医学」と呼ばれる流れです。
○ はり/きゅう治療の内容
 はり/きゅうの治療時間は20分~30分です。症状によっては、1時間前後掛かる場合もあります。
 サンタマリア病院機能訓練室では、主に「中医学」に基づき、はり/きゅう治療を構築しています。本来、中医学により治療は湯液(漢方薬)なども含め、鍼・艾(もぐさ)を用いて行われるのですが、日本国内では施策上、鍼灸師による湯液の処方は行うことができません。当治療室では、経穴(ツボ)のもつ性質「穴性」を組み合わせることで、より適切な治療内容で症状にアプローチしていきます。また、「心身一如」という東洋独特の発想から、治療法が構造化されていますので、身体の運動機能的な傷病以外にも、ストレスなどに伴う不定愁訴症状に対する治療が可能です。
○ はり/きゅう治療の期間
 はり/きゅう治療を受けていただく期間ですが、治療の開始直後は出来るだけ続けて来院していただく方がより効果的です。
 1週間に1~2回前後を目安として、10回を1セットの治療として考えています。また逆子治療の場合は1日1回×5日、5回を1セットとし、胎位が変わるまで行います。症状の軽重や、はり/きゅうに対しての感受性(作用/効果の受けやすさ)などによっても治療期間は前後しますので、ご理解いただければ幸いです。
○ はり/きゅう治療の副作用(或いは危険性)
 はり/きゅう治療する部位、はり/きゅう治療経験の有無などによって、貧血や、ダルさ、内出血や火傷が起こる場合があります。また、はりを身体に刺入した状態で激しい体動(咳、クシャミなども含む)があった場合には、ごくまれに身体内ではりが折れる事かあります(折鍼事故)、他にも重度の糖尿病やステロイド剤を長期使用している方は、はり/きゅうの痕が化膿する場合もあり、肌の弱い方では、きゅうの痕が残りやすい場合もあります。
 また、胸郭や禁鍼穴等へ深くはりを刺入してしまったことで気胸や麻痺を引き起こした事故事例もあります。残念ながら、他にも国内外の事故事例には、無免許者が眼球に鍼を刺して失明させてしまったり、心臓に刺してしまい死亡したという事例もありますが、もちろん当院の機能訓練室ではそのような事故は全くなく、また今後も事故のないように細心の注意を払うのは言うまでもありません。(なお、はり/きゅう治療を受けられた後は、約1時間入浴などは控えていただきますよう、お願い申し上げます。)
○ はり/きゅう治療受診につきまして
 はり/きゅう治療受診にはまず医師の診察を受けていただき、はり/きゅうによる治療が適切か否か診断を受けていただく必要があります。患者様にとってより適切な医療を受けていただくことが大切です。2回目以降にはり/きゅう治療をご希望の場合には、受付にて「リハビリです」と一言伝えていただくだけで治療を受けていただくことが出来ます。またほとんどの場合、治療費は実費となり、健康保険をご利用いただけませんが、ご了承ください。はり/きゅう治療は、機能訓練室で行っております。
■ 鍼灸のQ&A
Q1:どんな「はり」ですか?
A1.エチレンオキサイドガスという特殊なガスで滅菌処理をしてあります(日本製)針はステンレス製で、 毎回、使い捨てです。再利用はしていません。針先は松葉の形状に似ています。
Q2:費用はいくらですか?
A2.消費税を含み、はり(きゅう)代として、一回の治療当たり¥1,580.-必要です。
Q3:逆子は治りますか?
A3. 三陰交というツボに温灸を、至陰というツボには米粒大の直接灸をします。多くの文献により80%~の改善率が発表されていますが、当治療室では平成17年3月現在で15件中7件が改善され改善率は50%です。
 ■検査室のご案内

 ★ 患者様の血液などから健康状態や問題点をチェック!
       →検査室に関しますご質問はお気軽に検査技師まで。

■ 検査室の概要
○ 第 1 検査室生
・化学検査(肝機能・腎機能・血糖など)
・血液検査(赤血球数・白血球数など)
・各種迅速検査(インフルエンザウイルス・マイコプラズマ・アデノウイルス・溶連菌検査など)
○ 第 2 検査室
・尿検査全般・糞便検査(便潜血・便中ロタウイルスなど)
○ 生理機能検査室
・心電図検査・呼吸機能検査・脳波検査 ・超音波検査(腹部・甲状腺・乳房・心臓など)
■ 検査室より
 検査室では状態の悪そうな患者様に対しては、緊急で血液検査など、上記の検査ができる体制にあり約30分で結果がでます。特に小児の感染症の迅速検査は充実しており診断の手助けをしています。妊婦さんについても、定期的に貧血の検査をしており、当日に結果をお渡ししています。不妊症の方の検査として、精液検査や卵管造影(放射線科)などを行っております。
 当院では配偶者間人工授精(AIH)までを行います。また、健診や人間ドックの業務についても携わっており、心電図やエコーなどの生理機能検査に力を入れております。また健診結果の整理や、案内状の作成、コース内容の企画・変更などを行っています。
 ■放射線科のご案内

 ★ レントゲン画像から患者様の問題点を見逃さない!
        → 放射線科に関しますご質問はお気軽に技師まで。

■ 放射線科の概要
○ X線診断
 2011年5月に最新X線撮影診断システムに大幅変更。X線診断を必要とする疾患はあらゆる部門に渡っており、
X線が疾患の発見に大きな威力を発揮します。
○ 主な放射線診断
 マンモグラフィー / 全身用CTスキャナー /テレビレントゲン / 胃透視 / 大腸透視 /卵管造影(HSG)/ 腎盂造影(DIP)/骨密度測定 / 超音波骨密度測定
 ■薬局のご案内

 ★ 医師の指示に従ってお薬を処方いたします!
        → 薬局に関しますご質問はお気軽に薬剤師まで。

■ 薬局の概要
○ お薬の処方と管理
医師の指示に従ってお薬を処方いたします。また、薬の管理を厳重に行います。
■ 薬局の概要
 処方されたお薬の量は必ず守って下さい。指示以外の摂取は思わぬ疾患を招きますのでくれぐれもご注意下さい。また、お薬に関しますご質問はお気軽にお問合せ下さい。
★各医療技術部・科に関しますお問合せは⇒コチラ

元へ戻る