■ がん(癌)性腹膜炎 専門外来につきまして

■各種進行癌相談のご紹介■

 ■当院は「癌難民のための断らない病院」として活動しています!

● がん(癌)性腹膜炎について
  サンタマリア病院では、特に癌性腹膜炎患者を中心とした治療を専門的に扱うための癌性腹膜炎専門外来を開設しました。 ここでいう癌性腹膜炎とは、
(1)病理学的に腹水中に癌細胞あるいは腹膜に癌組織を認めること、
(2)腹膜表面に散在する複数の癌病巣あるいは広範囲の癌病巣を認めること、
の2つの条件を満たしている癌患者さんです。
 一般的に、癌性腹膜炎患者では腹水の増加を認めます。癌が存在し、極端な低栄養状態や肝機能障害がなければ、大量腹水の原因は癌性腹膜炎と考えて良いでしょう。しかし、癌の性格によっては腹水増加を全く伴わない癌性腹膜炎も稀ではありません。この場合は、 PET-CT検査を受ければ、腸管表面の癌の広がりを容易に指摘されるでしょう。
  癌性腹膜炎では、無数の癌細胞塊が腹膜表面に散布付着増殖し、もし癌の進行を抑制する治療を行わなければ、必ず腸閉塞や閉塞性黄疸を併発して死亡するか、頻回の腹水排液に伴う低タンパク血症と水分制限による重症の低栄養状態に至り、死期を早めてしまいます。無治療や免疫療法のみで放置しておくと、大多数の患者は腸が複数箇所で癒着して腸閉塞状態になり、運が良ければ人工肛門を作れますが、人工肛門を作れなければ多くは2ヶ月以内の余命と宣告されます。もし、既に人工肛門を作っている患者様の場合は、腸閉塞が再発すれば余命 1ヶ月程度となります。再発する前に、再発させないための積極的治療を一日でも早く受けることが望まれます。
 癌性腹膜炎は制御できないと思いこんでいる医師がまだ非常に多いため、しばしば、患者よりも先に主治医が諦めてしまっている事が多いのです。これは、一人の主治医の判断だけで、その癌患者様の可能性が断たれることを意味しています。
 当院では長年の臨床経験から、特に癌性腹膜炎で困っている女性患者様を専門的に治療するための、癌性腹膜炎外来を開設しました。 当院の治療担当者は、癌性腹膜炎を併発した末期卵巣癌患者に対する長年にわたる多数の治療経験から、特に女性癌性腹膜炎の治療法を分析してきました。女性癌性腹膜炎の場合は、男性の癌患者とは異なり、癌細胞が早期から卵巣に播種・転移することで、高率に大量の癌性腹水を伴います。例えば、このような女性癌性腹膜炎では、通常の卵巣癌由来癌性腹膜炎と同様の治療様式を採ることで、 9 割以上の患者様の腹水を完全消失させられ、腸閉塞への進行をほぼ 100% 回避することに成功しています。 もう一度、普通に歩いて、普通に食べられる状態に戻りたいと希望する進行期癌・末期癌患者様からの連絡をお待ちしております。
  当院の治療法は、患者ひとりひとりの病態に応じたテーラーメード治療(抗癌剤治療を中心として、手術治療、放射線治療、栄養療法、ホルモン療法、漢方療法などを適宜組み合わせます)を行います。
● 受診の方法
  当院の癌性腹膜炎外来を希望される場合は、外来受付で予約をおとりください。単に治療の意見を求めたい場合は、紹介状は不要ですので、とにかく一度、受診してください。

 癌性腹膜炎の場合、一刻も早い専門的治療開始が患者の生死を決定します。受診を迷っている余裕などは全くありません。 1 分 1 秒でも早く、当院にご相談下さい。迷っている間に、患者の余命は確実に短くなります。このホームページを読まれた家族の方は、ぜひとも、患者様ご本人をお連れ下さい。患者家族が専門的治療法の存在を疑うことで、無策のまま、患者様の生命の可能性を消さないで下さい。
どうかお願い致します。

● その他、お願い等
  癌治療のご相談の場合には、長時間の説明となりますので、必ず電話で担当医師の時間的余裕のある日程をご確認ご予約の上、ご来院ください。特に夕方17時以降に来院されても十分な説明時間がとれませんので、夕方には癌治療のご相談はお引き受けしかねます。可能な限り患者様ご本人に受診していただく方が、正確にその場で判断ができます。
  当院では、癌の病名をご本人に未告知の場合は、積極的な癌治療はお引き受けしませんのでご注意願います。
  積極的な癌治療をご希望の場合、お問合せ現在、腸閉塞(イレウス)状態で胃管・イレウス管を挿入しておられる患者様については、当院での積極的治療はお引き受けできません。胃管・イレウス管が抜去でき、再び排便があれば、改めて治療のご相談に応じます。
★がん(癌)性腹膜炎専門外来に関しますお問合せは⇒コチラ
元へ戻る